FC2ブログ
プロフィール

北海道ノルネット


【北海道ノルネット】

 

北海道ノルディックウォーキングネットワークは北海道のノルディックウォーキング愛好者の団体です。INWA国際ノルディックウォーキング連盟 の日本代表支部 NPO日本ノルディックフィットネス協会 JNFA の団体正会員で NW指導者養成認定校。INWA&JNFA公認ノルディックウォーキング指導者と一般のNW愛好家がメンバー。フォーラムや指導者養成事業、北海道におけるノルディックウォーキングの普及活動をしています。

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

NWリンク集

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

北海道ノルディックウォーキングネットワーク ~お知らせブログ~
夏だけでなく運動不足になりがちな冬も安全に歩きたい!と始まった北海道のNW。今、ノルディックウォーキングは若者のスポーツ、中高年の健康づくり、手術後のリハビリ、高齢者の転倒予防から競技スポーツのアスリートのコンディショニングまでその有用性が注目され活用の幅が広がりつつあります。INWA&JNFAの公認団体として、NWのさらなる普及・仲間づくりを目指し活動をしている【北海道ノルネット】のブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★事例18 歩道で自転車と出会った!
指導者と愛好家からの投稿
公園内の遊歩道で後方より自転車が来たため、どちらによけたら良いか分からず止まった。道路の真ん中当たりを歩いていた。通行区分がないため、片側の道端を歩く。
・話が弾み、自転車などの後続者に気づかないことがあります。話に夢中になると周りが見えなく聞こえなくなります。道路上(歩道を含む)では右側通行を周知徹底したいと思います。

★【北海道ノルネット 担当者】より 
  歩道を歩いていて、前方や後方からの自転車と遭遇してヒヤリとすることがあります。何しろ相手は大きな車体とスピードがありますからね。自転車の走行には道路交通法がありますが分りずらく、又ルールが守られているとは言えません。本来、自転車は自動車と同じく車道を走ることになっていますが、「自転車通行可」の特別な場合は歩道の中央から車道寄りの部分を徐行しながら走れるそうです。また、法で定められた条件(年齢や障害の有無等)に該当する場合は通行可能な場合等もあるそうです。歩道においては歩行者保護が最も重要とはいえ、まだまだ歩道上で自転車と鉢合わせしてしまう現実があります。NWでの楽しいおしゃべりに夢中になるとまわりが見えない、聞こえない・・・ホント!!そうです。常にまわりの状況を感じながら歩くことで、とっさの危険から身を守ることも大切ですね。 
  また、路側帯と車道の区別の無い道路に於いては、歩行者は右側端に寄って歩く!と道路交通法ではなっています。でも歩道がある場合、歩道内での歩行は右側・左側のどちらとは定められていないそうです。私自身も昔からどっちなんだろう?と疑問を持っていました。歩道内では交通リスクを考えると左側歩行が望ましいとする意見もありますが、地域によって、左側歩行あるいは右側歩行が望ましい!といろいろあることを知りました。皆さんの住んでいる地域はどちら側が推奨されていますか? ともあれ臨機応変に、人の迷惑にならないように歩きたいものですね。
《角幡理事長からのコメント》
歩道での自転車との遭遇。ノルディックウォーキング愛好者に限らず歩行者も含め、なかなか厄介で尚かつ事故発生率の高い切実なケースですね。特に後方からやってくる…というのが悩ましい。私も思わずヒヤリとしたことが何度もあります。
皆さんはいかがでしょう?もし体験されたことあればぜひコメントお寄せください
関連記事

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://hokkaidonw.blog.fc2.com/tb.php/200-0e00ff45
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。