プロフィール

NPO法人北海道ノルネット


【NPO法人北海道ノルネット】

 

NPO法人北海道ノルディックウォーキングネットワークは北海道のノルディックウォーキング愛好者の団体です。INWA国際ノルディックウォーキング連盟 の日本代表支部 NPO日本ノルディックフィットネス協会 JNFA の団体正会員で NW指導者養成認定校。INWA&JNFA公認ノルディックウォーキング指導者と一般のNW愛好家がメンバー。フォーラムや指導者養成事業、北海道におけるノルディックウォーキングの普及活動をしています。

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

NWリンク集

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

NPO法人 北海道ノルディックウォーキングネットワーク ~お知らせブログ~
夏だけでなく運動不足になりがちな冬も安全に歩きたい!と始まった北海道のNW。今、ノルディックウォーキングは若者のスポーツ、中高年の健康づくり、手術後のリハビリ、高齢者の転倒予防から競技スポーツのアスリートのコンディショニングまでその有用性が注目され活用の幅が広がりつつあります。INWA&JNFAの公認団体として、NWのさらなる普及・仲間づくりを目指し活動をしている【北海道ノルネット】のブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北海道新聞  朝刊 2009年9月25日
【ふらの人】 北海道ノルディック・フィットネス・ウォーキング協会事務局長 角幡 和子さん 

スキーのストックに似た2本のポールを使って歩く「ノルディックウォーキング」の北海道フォーラムが10月3,4日富良野市内で開かれる。仕掛
け人の1人、北海道・ノルディック・フィットネス・ウォーキング協会(富良野市)の角幡和子事務局長は、全道にその魅力を発信している。(聞き
手 安房翼)

・・・ノルディックウォーキングについて教えてください。

 「北欧で、クロスカントリー競技のオフシーズンのトレーニングとして始まりました。腕を使ってあるこことで多くの筋肉が使われ、効率のよい有酸素運動
になることから、一般人の健康づくりにも生かせないかと、1997年にフィンランドで国際協会が作られました。北海道では98年に旧大滝村(伊達市)を
訪れたフィンランド人が紹介したのが始まりです」

・・・角幡さんとノルディックウォーキングの出会いは?

 「2006年に、富良野市でメタボリック症候群(内臓脂肪症候群)の予防、改善を目的とした『特定検診』が始まったのがきっかけです。健康運動指導士
のわたしは、継続的な運動をどうやって勧めるかを考えました。北海道の人は冬に外を歩く習慣がありません。ノルディックウォーキングのポールを見
て、これだと直感しました。同年末には協会を作り、空知川の土手歩きを始めました。今は(市内だけで)120人ほど会員がいて、各地を歩いています」

・・・ノルディックウォーキングの魅力は?

 「場所、季節、年齢を問わず楽しめ、ただ歩くより約2割多く脂肪を燃焼することです。また、ポールも使って「4本足で歩くため、膝への負担が軽く、歩
きたくても歩けない、ひざに不安のある人たちにとって、ポールは「魔法の杖になるのではないでしょうか」

・・・フォーラムはどんなないようですか?

 「講演とウォーキングの二本立てです。初めての人でもインストラクターが身長や歩き方に合った長さのポールを見繕うので、気軽に参加してくださ
い。」

・・・今後の目標は?

 「ドイツでは数十万人がポールを持って街を歩いています。富良野でもポールを持って歩くのが日常的な風景になって、全国の愛好家が集まる『聖地』
にしたいですね」
img246.jpg

スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。